ICTビギナーの方へ

更新日 2019年3月19日

ICTビギナーの方へ

社会を支える情報サービスを提供するICT(IT)。
AIなどの新しい技術を受け、ICTサービスの需要はさらに高まっています。仙台圏では約540社ものICT企業が活動しています。

そんなICT業界で見かける「未経験者歓迎!」に興味があっても、本当に大丈夫か不安な文系など非情報系出身の方も多いかもしれません。

ここではICT業界の概略に触れながら、未経験者を積極採用中の業種、その職種と仕事、適性をご紹介します。
進路選びの参考にしてください!

ICT業界の4つの分類と各職種

ICT業界は4つに大別されます。各業種で下図のようなサービスを提供しています。

IT業界分類

では、代表的な職種を見てみましょう。
各分野ごとに専門性を持つ人々が活躍しています。

ソフトウェア業
・プログラマー(PG) ・システムエンジニア(SE) ・ネットワークエンジニア など
情報処理サービス業 (SI/システムインテグレーター)
・ITコンサルタント ・セールスエンジニア など
インターネット/Web関連業
・Webクリエイター ・Webエンジニアなど
ハードウェア関連業
・組込システムエンジニア など

教育がしっかり、未経験者の採用に積極的なソフトウェア業界

求人状況は、現在、分野ごとに少し異なります。

ハードウェア関連業は専門知識を持つ情報系出身者の採用、インターネット関連業は作品やWebページの制作技術を前提とした即戦力採用が主流です。

一方で、いま、入社時の専門性を問わず、ICT未経験者を積極採用している分野があります。
それが、ソフトウェア業/情報処理サービス業です。

背景にはICTサービスの需要がとても高まっていることがあります。各企業は未経験者採用を前提とした新人教育の環境を整え、人柄や適性に基づいた採用を行っています。
実は、仙台のソフトウェア開発系企業の多くで、エンジニアの3〜5割が非情報系の出身。働く上で情報系/非情報系出身は関係なく、全ての新人が入社後に実践的なスキルを学び、活躍しています。

いま、ソフトウェア業/情報サービス産業は、環境的に、たとえ未経験でも目指しやすい分野なのですね。なお「伊達なICT-WORK」を運営するMISAも6ヶ月の新人研修を開催し、たくさんの企業が利用しています。

宮城県情報サービス産業協会 中途採用者(新人)研修
ー MISA 《研修の様子》ICT未経験の中途採用者(新人)研修 −
プログラミング初心者を対象とし、約2ヶ月半。最後はチームで模擬システムを制作します。

PG(プログラマー)・SE(システムエンジニア)の仕事と、キャリアパス

プログラマーとシステムエンジニア。専門領域の少し異なる2職種が、協力してサービスを提供しています。

SE(システムエンジニア)
プログラミングの知識をもとに、企業の課題や要望をヒアリングし、システムをデザイン(企画・設計)します。お客さまと細やかにやりとりして、納品やアフターフォローも担当します。
PG(プログラマー)
システムを開発するときの「詳細設計」(どのようにプログラミングするか)を決めたり、開発(プログラミング)を行い、動作テストを担当します。
<キャリア>
知識を学び、プログラマーとしてスタート。その後、適性や興味に応じ、システムエンジニアやITコンサルタント、又は、プログラマーリーダーやITスペシャリストの方向へ。システムエンジニアはクライアントに沿ったシステムの企画や提案を行い、ITスペシャリストは開発ワークのプロフェッショナルとして活躍します。

文系出身の方はシステムエンジニアとして、経済学・社会学・教育など、文系の専門性や視野を活かしたシステム提案ができるかもしれません。

プログラマーの適性って?

プログラマーは適性(向き不向き)で決まると言われます。しかし、何も特殊なものではありません。

★企業が未経験者の採用時に重視するもの
・コミュニケーション力
意外でしょうか。
開発プロジェクトは相応の予算をもとに、ふつう数名〜十数名、それ以上の規模で行います。チームとして製品を完成させるために、相手の意図を理解し、物怖じせずに「報告できる・連絡できる・相談できる」こと。これが企業の求める「コミュニケーション力」です。ほとんどの企業が重視します。
★プログラマーの適性の例
・物事の手順を順序立てて考えることが好き
論理的思考力(ロジカルシンキング)。プログラミングは、コンピューターを目的通りに動作させる「手順」を記述します。
・もくもくと何かを作るのが好き
作ることに集中し、改善したり細部へ目配りする工程は、プログラミングと似ています。作ったプログラムが動いた嬉しさ、製品が世の中にリリースされた時の達成感も。
・新しいものが好き
ICTは次々と新技術や新しい方法が登場し、未知のものへの興味や好奇心はこの上ない強みになります。

非情報系歓迎の採用を行う企業は多く、ぜひ当サイトの求人情報を確認してみましょう。

宮城県情報サービス産業協会 インターンシップ 宮城県情報サービス産業協会 インターンシップ
ー MISA 開催のインターンシップ −
適性を確認できる非情報系向けのものあります。開催情報は「伊達なICT-WORK」サイトに掲載します。

仕事の環境

ICT業界のイメージは「ブラック」でしょうか。
現在、政府は「働き方改革」を推進しています。多様な働き方を可能とすることで、誰もが活躍できる環境を実現させることを目指すものです。
一方で、宮城の多くのICT企業は働き方改革に先駆けて、さまざまな制度を取り入れています。

【働きやすさ】

ワークライフバランス

ワークライフバランス
…多くの企業で、エンジニアが結婚や子育てなどのステージごとに働き方を調整し、長く働ける仕組みを採用しています。
・男女ともに育児休暇や介護休暇を利用しやすい
・産休の取得と職場復帰がしやすい
・在宅勤務、時短勤務など、個々の生活と両立できる勤務制度を採用する企業も多い
勤務時間/休日
…ほとんどのICT企業の勤務はカレンダー通り。土日祝は休んでリフレッシュします。繁忙期もありますが、どの業種も同じですよね。
・全体的に有給取得率が高い
・2019年4月からは年5日間の有給取得が義務化
・有給休暇と、年末年始/夏期等の休暇を明確に分離する企業が多い
・リフレッシュ休暇、バースデー休暇など、ユニークな休暇や、有給推奨日を設定する企業も

【達成感やメリット】

ICTのやりがい

人々の日常生活を支える
ICTは、インフラ(水道、ガス、公共交通、通信など)、金融(銀行など)、買物、エンターティメント、医療、農業や漁業、製造業など、今やあらゆる場の運用に必要不可欠です。このシステムの開発に携われます。
社会に新しい価値を創造できる
AI(人工知能)やIoT(アイオーティー/モノとインターネットをつなぐ)など、新しい技術により、社会に新しいサービスを提供できます。
高い専門技術、専門知識が身に付く
「手に職」の専門職としてキャリアを形成できます。収入面も期待できます。
チームや他社の技術者と協働して1つのプロジェクトを進める
開発は1プロジェクトごとにメンバーをアサイン(任命)します。時に他社の社員と協働し、人脈が広がります。

最後に、女性にもおすすめしたいのがICT業界。
ICT業界には、男女の区別なく力を発揮して働ける環境を整えた企業が多く存在します。ぜひ、ご自分の目でICT業界を覗いてください。